息子の自立のために、手も口も出さない

スポンサーリンク




朝晩は、少し寒くなってきました。

今日も、仕事帰りのバスの中では爆睡してしまいました。
もう乗った瞬間に、眠りにつきます。
あの揺れが気持ちいいのです。

帰宅すると息子は、自分の部屋にいて、ブツブツ言ってました。
ひとりごと?

何をしているのか、さっぱりわからずです。

去年の今頃、現役生の時は、結構 口も手も出していた私です。
すべてが心配だったからです。

うざい母親だったと思います。

スポンサーリンク

今年は、浪人生の息子に、手も口も出さないって決めました。

テレビを見ようが、ゲームをしようが何をしようと息子の自由にさせています。
もう、あとがない、一番わかっているのは息子自身のはずです。

すべての面で放っておいてます。

センター試験の申込み。
志望大学の願書取り寄せ。
模試の申込と払い込み等々。

息子自身にやらせました。

当たり前ですかね?

そんな当たり前のことも、昨年は私が手を出し、いろいろ手伝ってしまいました。

一年たち、今頃気が付きました。

このままでは、一人では何もできない子になってしまうと。

なので、息子の自立のために、手も口も出さないことに決めたのです。

今年の春、息子は受験に失敗。
そして鬱になりました。

私は、いつも早く自立しなさいとはっぱをかけていました。

なんでも手伝ってあげておいて、それは無理な話でした。

私が、息子が自立できないように仕向けていたんだと気がつきました。

失敗は成功の元といいます。

だから今年は、すべてを見守るつもりでいます。

さっき部屋から出てきた息子。

「お願いがある。
クリームシチューが食べたいから作ってくれない?」

お安いご用です。

さすがに食事作りまでは、放っておくことはできません。

何かを頼まれたら、聞いてあげる。
19歳の息子への対応はこれでいいと思うようになりました。

タイトルとURLをコピーしました