貧乏でも塾へ行ってよかった、孤独との決別

貧乏でも、やっぱり塾へ行ってよかった。

息子の感想です。

昨年のことをいまさら、後悔しても仕方がないですが、やはり塾へ行っていれば、結果は違っていたのかもと思います。

友達が普通にできること。
貧乏だから、お金がないからと我慢させたこと、たくさんありました。

たとえば高校の部活。

息子はアーチェリー部に入りました。
道具は全部貸してくれるという話でしたが、友達はみんな自分専用の矢を買いました。

買わなかった子は、息子ともう一人いました。
その子も母子家庭でした。

その子は、高校3年生まで道具はレンタルで続けていましたが、息子は部活をやめました。

貧乏のみじめさを知ったと思います。

アーチェリー部で結果を残した子は、大学でも続けたいからとアーチェリー部がある大学を受験しました。
その友人も結果を残せず浪人しています。

当たり前のように、予備校に通っています。
貧困だと、そんな当たり前のこともできません。

いろんなことに我慢してきた息子です。

だからその膨大なストレスを、暴れるという方法で発散させているのかもしれないと思います。

塾へ行ってよかった。孤独との決別です

個別指導塾ですが、一人で孤独との闘いの中で勉強するのとは全然違うらしいです。

勉強の成果を見てくれる人がいる。
これはつまり、自分を認めてくれる人がいるということにもつながります。

成果が出ていればほめられる。

サボってばかりだと、葉っぱをかけられたり、怒られたり。

だから頑張れると、今日は言っていました。

でもお風呂のドアを蹴るのも、机をバーンとたたくのも本当はやめてほしいです。
私はそのような音が怖いのです。

そういえば、娘も音には敏感でいつもビクビクしていたらしいですが、最近それにも開放されたと話していました。

タイトルとURLをコピーしました