浪人失敗、わが夫の挫折続きの人生

スポンサーリンク

別居中の夫は、今では有名大学の合格率が高い男子高校に通っていました。

昔はそんなにレベルが高くなかったらしいですが、今は偏差値60位の高校です。

当然のように、みな進学して、夫も大学受験を経験しました。

受験前の三か月ほどしか勉強をしなかったので、やはり目指していた大学は全滅。
一つだけ神奈川大学は合格していたそうです。

もっと上の大学に行きたいと、夫は浪人を決めました。

スポンサーリンク

そして典型的な浪人失敗生活です。

東京まで予備校に通い、誘惑がいっぱいの東京で遊ぶようになってしまったのです。
誘惑に負けてしまいました。

あの時代で、ゲーム喫茶とかパチンコとか。

お金を出してくれていた親はそんなこと知らなかったと思います。

そしてたいして勉強もせずに受験を迎えます。

やはり浪人失敗、全滅でした

さすがの両親も、遊びほうけている夫にたいして、二浪は許さなかったようです。

そして今度は税理士を目指して、専門学校に通いました。
税理士を目指すも、何回挑戦しても試験には通らず、その夢をあきらめました。

それからはしばらく無職。
親のすねをかじって遊んでいたらしい。

そして母親が、がんになり急死。
やむを得ず、父親の家業をつぐことになりました。

浪人失敗、資格試験失敗。
そしてやりたくなかった家業を継ぎました。

すべて自分のまいた種なのに、わが夫は、他人を恨んで他人のせいにして生きていくようになっていったのだと思います。

そして義父が亡くなってからは、家庭内暴力がはじまり、私の家庭は崩壊しました。

浪人失敗、挫折続きの人生、まさに反面教師です

父親のようになってほしくない。
私が浪人することを反対したのはこんな理由からでした。

血は争えないと言いますから・・・

でも息子は、親父みたいになりたくないという強い気持ちをもっています。

タイトルとURLをコピーしました