DV夫から逃げて、私たち親子の壮絶な4年間

スポンサーリンク




今日は、時間がありこのブログの過去記事を読んでみました。

一言でいうと、いろいろあったなということ。

スポンサーリンク

DV夫から逃げて、私たち親子は壮絶な4年間を過ごしてきました。

壮絶?
最初は本当に壮絶でした。

DV夫に居場所がばれて押しかけられたり、息子が夫と同じように暴れて手に負えない時もありました。
逃げてすぐは、息子と二人でワンルームに住んでいましたが、そこでの暮らしは本当に壮絶でした。

私はすぐに、「お父さんの所へ帰れ!」と言っていました。
息子が重くて重くて仕方なかったから。
まず、私自身が弱いままで、心も傷だらけだったからです。

カウンセラーをやっている友人に、よく注意されました。

「お父さんの所へ帰れ!」は言ってはいけない言葉。
息子さんはどれだけ傷ついたか。

今、思うと本当にたくさん息子を傷つけてきたなと。
母親に、帰れ!いなくなれ!と言われたら・・・
それはもう虐待と同じなんです。

過去の記事を読んでいて、私のひどい母親ぶりがわかりました。

息子もよく耐えて、私についてきてくれたなと思います。

苦しい4年間があるから今があるのかななんて思います。

息子は友達もでき、サークルにも入り楽しそうな大学生活をおくっているように見えます。
でも、私には言わないけれど、たぶん、まだ心の中に深い闇を抱えています。

何か悩んでいるなというのは、見ていてわかります。

でも、息子は以前のように、お母さん助けてと言わなくなりました。
もう20歳ですからね。

悩みのない人生なんてありません。
どんな人にも悩みや試練はあります。
それを乗り越えて、人は成長していくものです。

DV夫から逃げて4年、家庭は崩壊しました。

その影響を受けてしまった娘と息子は、今でも心配でたまりません。

でも、突き放すのではなく、自分の力でさまざまな困難を乗り越えてほしいと思っています。

今まで、設置していませんでしたが、サイトマップを設置しました。
私たち親子の4年間の軌跡です。

ワードプレスからはてなブログへ、そしてまたワードプレスに戻ったりで、表示がみにくい所もあります。
浪人中のお子さんがいる方、受験鬱になってしまったお子さんがいる方、読んでいただけたら嬉しいです。

息子が高校一年の時から今までの4年間、どれだけ苦しみ、どう乗り越えたかが少しはわかると思います。

タイトルとURLをコピーしました