こんなに狭いキッチンで自炊をしています、夕飯は豚キムチ

スポンサーリンク




今日は半そででもいいくらいの陽気でしたね。
春バテしている人が多いみたいです。

春バテの症状は、だるさ、倦怠感、息苦しさ、イライラ、焦燥感、気分の落ち込みだそうです。
原因は、気候の変動、生活環境の変化、気圧の変化、花粉症のストレスだということです。

私も月曜日は、すごくだるかったので、春バテだったのかも。

こんな狭いキッチンで自炊してます。

ワンルームならではの狭さです、今まで住んだ場所の中では最小です。
何しろまな板も置く場所がなく、自炊する気持ちが失せました。

最初は、こんなに古いタイプの電気ヒーターがついていました。
えっ?使えるの?と疑問に思いながらも鍋をおいてスイッチを入れてみたら、焦げ臭いにおいがして、部屋のブレーカーが落ちました。
壊れていたようです、前の住人はいっさい自炊をしない人だったのかも。

で、管理会社に連絡して取り換えてもらったのが、このIHクッキングヒーターです。
拭くだけでのいいので、掃除がラクになりました。

こちらは娘のお下がりの圧力鍋、未だにこれでご飯たいています、安いお米でも美味しくたけるので気にいってます。
一回に三合たいて、夕飯、次の日のお弁当の分を確保、残りは小分けにして冷凍しています。

小さなキッチンの上にあるのは、小さな棚です。
ここに洗った食器をのせています。

引っ越して、新しく買ったのがこの片手鍋です。
お湯はこれで沸かしています。

炊飯器も電子ケトルも、同じく一人暮らしをする息子が持っていってしまったのです。
なので、生活が落ち着いたら、炊飯器も電子ケトルも購入する予定でしたが、なくても必要なしでした。

今日の夕飯は、豚キムチ。
しらたきをゆがいて一緒に炒めました。

我ながら、こんなに狭いキッチンでよく自炊しているな~と思います。
でも、味噌汁は作らなくなりました、コンロが一つしかないので、火を使う料理は一品しか作れません。

もっぱらインスタントです。

最初はわびしいと思っていた孤食ですが、慣れてしまえば全然平気になりました。

タイトルとURLをコピーしました