ドッと落ち込む、低気圧うつ

スポンサーリンク




月曜日はいつも忙しく、今日も重い足を引きづって帰宅しました。
帰りのバスの中で、息子と二人暮らししていたころを思い出して、あの頃は楽しかったなーなんて考えていた。

今日のご飯何?と聞かれるのはうっとおしい時もあったけれど、どんな手抜き料理を出してもペロリと食べていた息子。
半額のローストビーフを買って帰った夜には、こんな美味しいもの食べたことない!と目を輝かせていた。

確かにローストビーフを、普通に食卓に出す家庭ではなかったけれど。

息子はよくコンビニでスイーツを買ってきてくれた、優しい子だった。
あの楽しかった母子家庭の暮らしにもどりたいって、一瞬思いました。

でももう戻れないんですよね。
早く自立してよ~なんて、ずっと思いながらも、いざ自立されると寂しいものです。

親ってそんなもの?
なんだか気持ちが暗い、落ち込んでいます。

ドッと落ち込む、低気圧うつ

ニコニコ笑って話していたと思ったのに、陰では悪口を言い合う同僚たちに今日は嫌気がさしました。
私も陰で何を言われているかわからないって思った。

天気予報を見て、気が付きました。
このうつっぽい気持ちと落ち込みは、低気圧うつだ!
別名気象病と呼ばれているやつです。

低気圧が近づいている天気図を見て、なるほど、この落ち込みは低気圧うつなんだと気が付く。
ならば、明日になったらまた気持ちも上がってくるはずです。

こんな日は、美味しいケーキが食べたい。
息子がただいま~これお土産!と言って帰ってきたあの日にもどりたい。

タイトルとURLをコピーしました