節約したいのに、何でお金使っちゃうんだろう?

スポンサーリンク




昨日、作り置きをしたので、今日は何も買わない予定でした。
今日は、お金を使わない日にするぞ~と決めていたのに、仕事帰りにフラフラとお菓子のまちおかに寄ってしまいました。

どれもこれも美味しそうにみえて、買いたくなったけれど、お財布の中を見たら、小銭が130円ありました。
130円で買えるものを買おうと決め、買ったのが、ガムとチョコレート。
二つで127円でした、なんと貧乏な買い物なんでしょう。

それでも、何か一つでも買ったという事実に、私の脳は満足してくれます。

節約したいのに、何でお金使っちゃうんだろう?

これは小さな悩みです。
節約方法というユーチューブの動画を見ました。

一番の節約は、お金を使わないこと。
(あたりまえだ~)
お金を使いたくなるのはストレスが溜まっているからなので、ストレスがたまらないように、部屋をきれいにしましょうというオチでした。

自分ではストレスが溜まっているとは思えないのですが・・・

身体や脳が疲れていると甘いものが欲しくなります。
(私だけ?)
で、これもフラフラとコンビニによって、甘いものを買ってしまいます。
コンビニに毎日行く人は、お金がたまらない人なんだそうです。

これは、その通りだと思います。

そしてある記事を見て、納得しました。

何でお金を使いたくなるか?

甘いものを食べると、脳の中で幸せホルモンと言われるセロトニンやドーパミンが分泌されます。

・セロトニンは精神を安定させたち、脳を活発に動かせてくれる作用がある
・ドーパミンは快楽や喜びをもたらしやる気を高めてくれる効果がある

知らず知らずに、脳が求めていると考えられます。
疲れた体と脳に、快楽や喜びを与えたい私です。

もちろん食べすぎはよくないです。

買い物も実は同じで、ドーパミンという物質を分泌してくれるので、脳が元気になるとか。
幸せホルモンを求めて、フラフラと買い物をしてしまうということでしょうか。

確かに、買い物をするとすっきりします。
これで納得!でも無駄遣いには気をつけなければですね。

日曜日に、孫のものを買ってきました。
貧乏ばーちゃんご用達の西松屋です。

なんでも安いです。
しまむらの子供バージョンといった感じです。

赤ちゃんのものを買うのも、とても楽しいです。
幸せホルモンがドッとでました。

タイトルとURLをコピーしました