60代一人暮らし、狭ーいキッチン公開します

スポンサーリンク




60代一人暮らしのキッチンは、こんなにコンパクトです。

ワンルームのキッチンなんてこんなもんなんでょうね。
別居後すぐに借りたワンルームもこんな感じでした。
当時、息子は育ち盛りの高校生だったのでこのような狭ーいキッチンでも、せっせと作ってましたね。

古い2DKアパートから、再びワンルーム暮らしになった私ですが、前回と違うのは息子がいないこと。
栄養とか量とか気にしないですむので、気が楽になりました。

この狭いキッチンで、どうしてもお見せしたかったのがこれ!クッキングヒーターというものらしいです。
内見の時、なにこれ~と焦りました。
このマンション築20年なんです、で、今時これ?

他の部屋はIHクッキングヒーターに交換されているみたいです。
古いタイプのクッキングヒーターを引っ越してきて使おうと思ったら、焦げ臭いにおいがしてブレーカーが落ちてしまいました。

他の電器器具をすべて消して使ってみましたが、それでもブレーカーが落ちます。
どうやら前居住者は使っていなかった様子です。

さっそくマンションの管理会社に電話したところ、長い夏休みに入っていて、やっと連絡がとれたら、オーナーさんの許可待ちだとかで、ずいぶん待たされました。
ようやく今週中にはIHクッキングヒーターに取り換えてもらえそうです。

まるで自炊は無理よ!と言っているようなキッチンですが、それでも頑張って自炊しました。
コンロがないので、苦肉の策です。

これを使ってました、カセットコンロです。
非常事態用に常備していました。
いつガス、電気、水道が止まるかわかりませんので。

水も6本常備しています。
(6本じゃ足りないかもです)

せまいキッチンの上はこんな感じ、水切りかごなど置く場所がないので、三段目がそれらしくなっています。

こちらに引っ越すときに、お鍋、フライパン、炊飯器はすべて息子が持っていってしまったので、新しく昭和のにおいのするお鍋を買いました。

これが某リサイクルショップで300円でした。
可愛いし安いので購入、まだ一度も使っていません。

こちらは引っ越し祝いに、友人がプレゼントしてくれたマルチポット。
これ一台で焼く、ゆでる、わかす、といろいろ使えるようです。

今まで使っていた電気ケトルは、娘が18歳の時に購入したものですが、私はそれを譲り受けて6年間使ってたのですが、汚れも気になっていたので手放しました。
お湯を沸かすのはこのマルチポットで充分かと思い、ケトル購入はやめました。

そして炊飯器もまだ購入していなくて、ごはんを炊くのはこの圧力鍋です。
これも娘からもらったものですが、美味しく炊けるので、炊飯器買わないでいいかと思い始めています。

今日の夕飯はレトルトカレーと冷ややっこ。
今日は味がしました。

タイトルとURLをコピーしました