奨学金という名前の借金

スポンサーリンク

今日も寒かったですね。

今日は、常連のお客様に、あなた痩せたわねと言われてしまいました。
最近は、リバウンドする一方で、痩せてはいなんだけど、顔がやつれているのかもしれないって思いました。

昨日、もう一つのブログにこんな記事を書きました。

404 NOT FOUND | お茶のいっぷく
アラカンシングルマザーのブログです

収入低いし、パートだし、母子家庭だし、たぶんだめだろうなと思いながらも、一応申込みをしたのです。
なんと審査が通り、びっくりしています。

国のローンです。
政府が、ひとり親家庭支援に力を入れてくれているからなのでしょうか。
ひとり親家庭の融資率はどんどん高くなっているそうです。

スポンサーリンク

私は、息子に奨学金という名前の借金を負わせるつもりでした。

昨年の秋に申込をして、予約採用が決まってました。
受験に失敗したので、その予約採用は無効になりました。
息子は今年、奨学金の申込みをしませんでした。

奨学金が返せないで、自己破産なんてニュースも見てきました。

できたら自分の子供に借金なんて負わせたくないと、ずっと思っていました。
なので、今回、国の教育ローンの審査が通ったことで、私が借金を背負うことにしました。

58歳で、よく通ったなと思います。

甥っ子や娘も奨学金を借りています

兄の子たちも、妹の子たちも、みんな大学を出て社会人です。
(全員男の子)

兄の子は、奨学金を借りて、未だに返し続けています。
毎月15000円を返し終わるのは40歳すぎるとか?

妹の子たちは、親がすべての学費を出してあげました。

それぞれの家庭の考え方があると思います。

私の娘も、美容の専門学校でしたが、二年間、奨学金を借りて通いました。
26歳の今、毎月15000円返しています。

娘の場合、親からの援助は全くなしです。
よくここまでがんばったなと思います。
頼れる親がいなくて、つらかったと思います。

これからは、娘のことも助けられる親になりたいと思います。
金銭面で助けてあげれるのはいつになるかわかりませんが。

奨学金というの借金は、ある意味怖いです。

お金の重さがわかっていない18歳の子でも簡単に借りられてしまうからです。

奨学金、借りないですむなら、それが一番良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました