帰りたくない家から、帰りたい部屋へ

スポンサーリンク




明日からお天気がくずれるようで、今日は海に向かうお客様でお店は賑わいました。
緊急事態宣言なんてどこふく風です。

久し振りの仕事はやはり疲れました。
帰りのバスの中で思いました。

早くあの部屋に帰ってゴロンとしたい。

そのバスは元わが家(夫の住む家)の近くを通ります。
夫と同居中はとにかく家に帰るのが嫌でした。
このままどこかへ消えたいって何度も思ったものです。

帰りたくない家から帰りたい部屋へ

時間はかかったけれど、やっと帰りたいと思える自分の部屋を持つことができました。
寂しさはまだあるけれど、何よりも自由があります。

マンションの部屋に帰ったら、手洗いうがいの後は至福のひと時です。
今日はやまざきのおひとり様用おはぎ。

おはぎって二個とか四個入りが多いですよね?
私がかってにおひとり様用おはぎって名付けたんですけど、この一つ入りのパッケージの物を入荷したら、物凄く売れているのです。

高齢のお客様もおひとり様が増えているようです。
やまざきなのでそれなりの味ですが、これで充分。

きなことつぶあんの組み合わせが好きです。

夕飯は残っていたそうめんをゆでなっとうぶっかけソーメン、きゅうりとちくわの酢の物、タンドリーチキン。

食べたいものを食べたい時間に。
これもおひとり様の特権だと思います。

息子は何を食べているかなとふと思います。
lineしたい気持ちをぐっとこらえて、がんばれ~と心の中で祈っています。

タイトルとURLをコピーしました