夏の終わりは、いつも寂しい

スポンサーリンク




暑かったけれど、いつもと違う夏が終わります。
朝晩は、本当に涼しくなりましたね。

夏の終わりはいつも寂しい。

息子がいなくなったから寂しいのではないことに気が付きました。
(それも少しはあるけど)

毎年夏の終わりはいつも寂しい気持ちになります。
今年は盆踊りも花火大会もなく、いつもと違う夏だったけれど、夏は暑くてもなんか気持ちがあがります。

緑も青い空もきれいだったし。

この寂しさのもう一つの原因は三浦春馬さんの急逝です。
一年以上前の自分のブログ記事に、三浦春馬さんと純烈の白川さんが好きと書いてありました。

純烈の白川さんの熱はすっかり冷めてしまったけれど、三浦春馬さんは良い俳優さんだったなと未だに信じたくない気持ちでいます。
でもいつかはみんなあの世にいくのですから、それが早かっただけだと思うことにします。

今日の夕飯は、またまた西友みなさまのお墨付きシリーズの麻辣ドライキーマカレーを食べました。

辛さ最高レベルの5! しびれる辛さ、本当に辛かったし、しびれました。
辛いものが大好きな私にはたまらないおいしさでした。

ご飯は白米にもち麦を混ぜてたいています。

付け合わせは空心菜の炒め物。
友人に空心菜をいただいたのだけど、これ食べたことなかったのです。

にんにくとゴマ油でいためると美味しいと聞いて、やってみました。
空心菜って中華料理にあいそうです。

ゴマ油とすごく相性がよかったです。
にんにくは在庫がなかったので、ローストガーリックを使いました。

今週は母の通院介助で東京に行きます。
寂しいなんていう感傷に浸ってはいられません。

頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました