参考書の断捨離、お金になります

スポンサーリンク




息子の部屋には大きな本棚があります。
それがほとんど埋まるくらいの参考書や教科書がありました。

部屋が埃っぽいということで、整理整頓を始めた息子。
山のような参考書、教科書、ノートを出してきました。

センター試験問題集も何冊もあり、一冊2000円くらいするものを平気で買っていました。
すごいお金をかけていたんだなと思いました。

今日は廃品回収の日なので、山のような参考書を断捨離する予定でした。

すごく重い。

廃品回収の場所は3分くらい歩いた場所にあるので自分で出すように促しました。
ところが今日は朝からオンライン授業があり、そんな時間はないと断られてしまいました。

なんで、親にやらせるわけ?とプンプン怒りたくなったのですが、昨年赤本を参考書買取業者に引き取りにきてもらったことを思いだし、また頼むことにしました。

ここがすごいのは、無料で引き取りに来てくれるし、書き込みがあっても買い取ってくれるということです。
重い思いをして廃品回収に出すよりも、取りにきてもらった方が助かります。

書き込みがあっても、赤本や問題集売れました!
息子が大学受験の勉強で二年間使いまくった赤本をどっさりと持ってきました。 「これ捨てといて! 売れるなら売ってもいいよ~」って。 自分でやればいいのに・・・ 赤本は一冊2000円くらいしました。 過去問をとくた...

買取りできないくらい書き込みがあったら、処分もしてくれます。
捨てるより絶対に楽・・・



3DSももうやらないからと捨てようとしていました。
捨てません、壊れていないのです。

メルカリに出します。
塵も積もれば山となります。

1000円で売れれば恩の字です。

タイトルとURLをコピーしました