ぶたの貯金箱

スポンサーリンク




p1

ぶたの貯金箱に、500円玉貯金をしていました。

お店のお客さんに教えてもらったのです。

いつも、おつりに500円玉をほしがるお客さん、
話を聞くと、500円玉貯金をしているということでした。

スポンサーリンク

500円玉貯金は、いいわよ~すぐに、10万円貯まるから~ あなたもやってみてと勧められました。 確かに・・ 200枚貯めれば10万円です。 よし!やってみよう!!

私はすぐにその気になり、ぶたの貯金箱を買ってきました。
貯金箱と言えば、ぶたさんという発想で、ぶたの貯金箱を選びました。

お財布に500円玉がある時は、チャリーンと入れていました。

持ってみると、だいぶ重くなっていたので、
ワクワクしながら貯めていました。

ところが・・・
給料前で一番、お金がない今日の朝。

息子が模試の受講代、今日が締め切りだから、3000円ちょうだいと突然言ってきました。

ギクッ、財布には2000円しか入ってません。 なぜこんな時に?!!! 仕方ないので、大事なぶたの貯金箱をあけてしまいました。

20枚はいっていました。

そこから・・・3000円を取り、息子に持たせました。

やっぱり貧乏母子家庭には、500円玉で10万円貯金は無理なのかも・・・

(´;ω;`)

息子が学校から帰宅後、さらに失望の出来事を告げられました。

「制服のワイシャツが、やぶれた!!」

見てみると、けっこうな大きさの破れ具合。

縫って直せる、やぶれ方ではありませんでした。

「新しくもう一枚買うしかないね。
給料でるまで、待って」

息子に、そう告げました。

生活に余裕がないってこういうことです。

ギリギリの生活です。

ますます病気になんかなってられないと思いました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました