イライラをスーパーの店員にぶつけるって、間違っていると思う

今日は愚痴を書きます。

今は世界全体がコロナ危機を乗り越えなければならない忍耐の時です。
それなのになんと自分勝手な人が多いことか。

スーパーで働いているといろいろな人が買い物にきます。
いつもありがとうと感謝の言葉を言ってくださる優しいお客様もたくさんいます。

でもいい人ばかりではありません。

イライラをスーパーの店員にぶつけるって間違っていませんか?

毎日毎日マスクはないの?と聞いてくるお客様。
そのたびに頭をさげて謝ります。

イライラが顔に現れているお客様もいます。
自粛疲れ?
そんなイライラをスーパーの店員にあたってくるなんて間違っていると思います。

今日もお店はけっこう混んでいて、私はサービスカウンターであたふたしていました。
光熱費を支払うお客様が数人並んでお待たせしちゃったのです。

そこに来た怖い顔のオバサン。

若い子いないの?
オバサンじゃだめだからあんたは引っ込んでろと言われました。
こんなこと13年勤めて初めてのことです。

初めてみた顔のお客様です。
60代くらいかな?自分だってオバサンじゃないかと心の中でつぶやきました。

確かに私も疲れていてつっけんどんな言い方をしてしまったと思います。
だからと言って、おつりをもらっていないとわめいたり、オバサンは感じ悪いから若い子出せって。
ちょっと言いすぎだと思います。

お客様は神様?
どんな時でもどんな理由でも、頭をさげて謝らなくてはなりません。

今日ほど、もうやってられないよ~と思ったことはありません。
帰ってきても疲れがとれません。

悔しくて、情けなくて。

アラカンの仲が良かった同僚が辞めて、それもまた悲しかった。

今は忍耐の時、みんなが暗いトンネルの中にいます。
くだらいことでわめいて帰ったオバサン、忍耐が足りないって思いました。

タイトルとURLをコピーしました