息子のいない夜の貧乏飯!貧乏人は太る

今日明日と息子は、家庭教師のアルバイトで帰宅が遅くなるから夕飯はいらないということでした。
10時に帰宅。

夕飯は、自分で握ったおにぎり。
なんだかかわいそうになりました。

息子がいない夜は、冷蔵庫にあるものだけで作る貧乏飯になります。

夕飯いらないと聞いた日は買い物をしてきません。
自分一人の場合は、あるもので食べることにしています。

今日作ったのは、白菜のうま煮丼です。
白菜と白滝と豚肉を煮たものです。
味付けはめんつゆで、お砂糖としょうゆと少し足しました。

これに生卵をのせて、一味をかけて食べます。
付け合わせはチキンナゲットの照り焼き。
チキンナゲットはイオンの福袋に入っていた大袋、ケチャップとマスタードで食べるにはあきてしまったのでレンジで温めて照り焼きソースをからめるだけ、アッという間にチキンの照り焼き?

貧乏人は太る

これよく聞きますが、まさに今日の貧乏飯もその通り。
白いご飯、炭水化物でお腹を満たすからです。

お米やパスタ、パンでお腹を満たす。
おかず少な目、なので太るんですね。

息子がいない夜の貧乏飯は、だいたい丼物になります。

丼物かカレーライスとかハヤシライスです。

思い切り手抜きです。

ここで節約しないでいつ節約する?と思っているし。

貧乏飯で太る私、手作りおにぎりで痩せていく息子。
バイトをしないと成り立たない貧困母子家庭の生活に、申し訳なく思う夜です。

タイトルとURLをコピーしました