Fラン大学から筑波大学大学院へ、その後の人生



妹の子、私にとっては甥っ子の話です。

息子にとっては従弟にあたりますが、従弟の中では息子に一番似ているタイプです。
ゲームが大好きで、ゲームが得意。
趣味はオンラインゲームです。

コミュニケーション能力があまりなくおとなしい、息子より寡黙かもしれません。
その甥っ子は、大学受験で希望の大学へは入れませんでした。
(気が弱いのも似ているかもしれません)

Fラン大学から、筑波大学大学院へ

数年前ですので、就職氷河期だったのでしょか。
就職はなかなか決まりませんでした。

Fランとはいわゆる、Fランクの大学です。
日東駒専より大東亜帝国よりもさらに下のレベルです。

甥っ子は浪人を嫌がり、Fランの大学に進んだわけですが、大企業などは書類検査でまず落とされたそうです。
面接にさえすすめない現実を見たのです。

全く就職の決まらなかった甥っ子は、国立の大学院への進学を決めました。
そして努力の甲斐があって筑波大学大学院に合格しました。

その後、病院に就職しました。
そちらでシステムデザインの仕事をしています。

筑波大学大学院というブランド名はやはり強かった。
書類選考も一発で通る。
大学はブランド名で選べと息子に助言してくれたそうです。

そうはいっても、早稲田をでてもフリーターの人も知っています。
やはり本人次第なのだと思います。

甥っ子は、たぶん自分をアピールするのが苦手だと思います。
世の中にはそのようなタイプもたくさんいると思います。

甥っ子は家を出てワンルームマンションで一人暮らしをしています。
仕事から帰ってきたらオンラインゲーム三昧らしいです。

妹の家から30分の所に住んでいますが、実家に帰るのは一年に一回、元旦だけです。
今年の元旦は、インフルエンザになって帰らなかったそうです。

妹の本心はわかりませんが、自立してせいせいしていると言っています。
でも本当は寂しいのではないかと思います。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク