ついにゲームを始めた、浪人生・・・

スポンサーリンク




私が、仕事に行っている間、浪人生の息子は何をしているのか、まったくわかりません。

今日も帰宅すると、テレビを見てケラケラ笑ってました。
一か月後にセンター試験を控えた浪人生とは思えません。

でも、本人がやる気がしないのなら、親が何を言ってもどうにもなりません。

部屋をのぞくと、ゲームが出してありました、ずっと封印していたゲーム。

スポンサーリンク

浪人生なのに、ついにゲームを始めてしまいました。

ゲームをしたの?その質問に悪びれる様子もなく、うんと答える息子。

失望、絶望、悲しみ、不安、恐れ。

いろんな感情が私の心の中で爆発しそうになりました。

もう何も言わずに、私はこたつに入り、うたた寝をしてしまいました。
身体がすごく疲れていました。

昨年の今頃だったか、同じように、勉強が手につかなくなったこともありました。

またか・・・またあの悪夢が。
本当に悪い思いしかきません。

夕食の時、息子と話しました。

息子は苦しんでいました。

机に向かっても、やらなきゃいけないってわかっていても、頭に入らない。
疲れた、浪人がこんなに苦しいものだと思わなかったと言いました。

苦しんでいる姿を見て、ゲームをやったことをとがめる気もなくなりました。

こんな苦しい目にあわせたくなかったなと、思います。

息子は、私立小中高一貫校で、中学まで行ったのですが、本当はそのまま上の高校に進んで、指定校推薦で大学に進ませようと考えていました。
夫の仕事が順調で、年収が1000万以上あった頃です。

高校受験も、大学受験も経験させずに、そのままエスカレーターで進む。
そうしたら苦労なんてさせないですむと思っていました。

現に同級生たちは、名の知れた大学に、指定校推薦で入っています。

私と夫、親のせいでもあるなと思いました。

お金がないことも、両親が別居中であることも息子も娘も責めてきたことはありません。
父親の話も全くしません。

息子も娘も、たぶんいろんな壁にぶつかっています。

ここにきてゲームを始めた息子。
現実から逃避したいのだと思います。

苦しくて苦しくて仕方ないから。

これで来年もだめだったら、もう浪人という道は選ばないと思います。

親としても、苦しい年末です。

タイトルとURLをコピーしました