貧困母子家庭の青年の話

スポンサーリンク




先日、ある青年の手記を読みました。

スポンサーリンク

貧困母子家庭で育った青年の話です。

お金もない。
 
時間もない。

食べ物もない。

欲しいものも買えない。

ないものだらけの中、母親が自分を盾にして、あらゆるものから守ると宣言してくれたそうです。

貧しいながらも大学を卒業し、その青年は、安定した会社に就職できたそうです。

何もなくても、母が守ってくれる安心感があった。
就職して、今度は、母と一緒に戦える立場になったと書かれています。

人生はいろいろあります。
ある意味闘いなのかもしれません。

私は、子供を守ろうという強さがない。

傷だらけだったから。

強くなって、子供を守らなければと、その手記をみて感じました。

タイトルとURLをコピーしました