辛い時は逃げてもいい、逃げたら生活できない私




ここの所、人手不足で残業を頼まれればしてきたせいか、身体がどうしようもなく疲れています。
足の痛みもとれないし、食欲もなくなってきました。

体重を測ったら、1キロ痩せていました。
こんな状況での体重減はうれしくはないです。

食べたいものがなく、仕方ないので近所のスーパーでお弁当を買ってきたのですが、とても美味しそうに見えたのに味がしませんでした。
相当疲れているのかも。

辛い時は逃げてもいい

YouTubeやブログで何回か見かけたこの言葉。
逃げることは負けじゃない、たった一度の人生、つらいことを続ける必要はない、逃げていいのだということを呼び掛けていました。
合わない会社に入ってしまった場合、さっさと転職しましょうとすすめています。

逃げたら後がない私はどうすればいいのか

持ち家もない、配偶者もいない、子供には頼れない。
61歳の今、社会保険に加入できる会社に転職できる可能性はかなり低い。

ようするに、つらくても逃げられないということです。

逃げられないのだから、乗り越えるしかない。
今までも、辛い時期はたくさんあったけれど、一つずつ乗り越えてきました。

負けるものか・・

今日こそは、ぐっすりとたくさん眠りたいです。
疲れがとれれば、つらい気持ちも薄らいでいくかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました