一人で生きていくと、決めたのはあなたでしょう?

スポンサーリンク




a0790_001168

一日中、雨でした。

職場のスーパーも、今日は閑古鳥がないていました。

帰り道には、桜の花びらがたくさん落ちていました。

次女さくらのことを思いました、この世に生を受けて30分であの世に旅立った娘です。

桜の季節に、逝ってしまったわが娘
次女さくらの命は、桜の木よりも、もっともっとはかないものでした。

スポンサーリンク

あの世に行けば、会える。 早く、会いたいなと、弱気になる今日このごろです。 理由は、DV夫のこと。

ここ何日か、夫から、弱音をはく電話がきています。

目が見えない、右目が見えない。
物忘れが激しい、いつか認知症になるかも。
怖い。
一人は寂しい。
掃除機の紙パックはどこで売っているんだ?
そんなことまで、聞いてきました。

だから何? 一人で生きていくと決めたのはあなたでしょう? と、きつく言い返しました。

暴力、モラハラに続き、経済的DVで、私たちを苦しめ、最後は、出て行けのオンパレードでした。
今さら、頼られても困ります。

ざまあみろという気持ちと、可哀想だなという気持ちが半々で、私の心は、毎日揺れ動いています。 悠々自適に、一人暮らしを堪能すればいいのに、と思います。

私だって、本当に必死に生きています。

東京から帰宅後は、しばらく背中が痛みます。
たぶん、疲れだと思います。
病気になんかなっていられません。

息子が一人前になるまでは、がんばると決めました。
だから、そっとしておいてほしい。
助けてほしいのは、こっちです。

弱気な愚痴でした。

今日も、最後まで読んでくださりありがとうございました。

皆様の応援が励みになっています。
よろしくお願いします。

 

タイトルとURLをコピーしました