身体が悲鳴をあげている、もう辞めたいと言い出した67歳




横須賀は、まだ雨らしい雨は降っていませんが、これから降るのでしょうか。
台風が温帯低気圧に変わって、ホッとしていますが、油断してはだめですね。

さっき町内放送が入ったのですが、これから大雨が予想されますので、崖の下では寝ないようにしてくださいなんて言ってました。
横須賀は崖が多く、災害危険区域も多いのです、がけ崩れの危険がある場所がいっぱいです。

昨年まで住んでいた2DKのボロアパートは、まさしくそんな場所で、部屋の裏はみごとに崖でした。
もろに災害危険区域に入ったいたので、大雨の時は、本当に怖かったです。

カビだらけのアパートには、もう新しい住人が住んでいた

駅が近いのに安いわけあり物件でしたが、もう新しい住民がいました。
日本全国、災害が起こらないといいのですが・・・

67歳のパート仲間が、仕事を辞めたいと言い出しました。

身体をだましだまし使ってきたのだけど、もう限界が来たという。
膝痛から始まり、今は腰痛、立っているのもしんどいそうです。

70歳まで頑張ろうと励ましあってきた仲間です、なんとかもうちょっと頑張ってほしい。
彼女は年金10万くらいはもらっているのですが、それでは暮らせないらしい。

お金が足りなくて、パートを続けているわけですが、パートを辞めたら年金だけで暮らしていかなければなりません。
持ち家があるのだから10万円あれば細々と暮らしていけるのでは?と私は思うのですが。

いざとなったら〇ぬしかないわ~なんて悲しいことを言う。
67歳の彼女も私と同じく貯金がゼロなのです。

若いころ散財したことを悔やんでいます。

私としては、やめてほしくはないです。
励ましあう仲間が、一人二人と減っていくのは、寂しすぎます。

タイトルとURLをコピーしました