ナゾトレの松丸亮吾さんが、東大に入学した理由

スポンサーリンク




先日の24時間テレビはご覧になりましたか?
私は、少しだけ見ました。

スポンサーリンク

その中で、印象的だったは東大生、松丸亮吾さんのお母さんの話です。

メンタリストのDaigoさんが彼のお兄さんであることは最近知りましたが、お母さんが2012年に乳がんで亡くなっていたことは衝撃的でした。

4人の男の子を育てました、その4人のうち二人が慶応大学卒、そして末っ子である松丸亮吾さんは東大を卒業しています。
みんな優秀です。

24時間テレビを見て思いましたが、小さい時からの育て方が違う、すごいって思いました。
たとえば亮吾さん専用の問題集を作っちゃうとか。
お母さん自身が、薬剤師ということで、頭の良い方だったのでしょう。

松丸亮吾さんの東大に入学した理由が、とてもせつなかったです。

亮吾さんは麻布高校に通っていたわけですが、その時にお母さんが乳がんになってしまいます。
乳がんになったことは、4人の子供たちに内緒にしていたそうです。
残念ながらガンは進行していき自宅療養で最期を迎えることになりました。

松丸亮吾さんは、当時高校生で、反抗期ということで母の部屋は行きませんでした。

容体が悪化して初めて、母に会いに行く。
母はその直後に亡くなってしまいます。

後悔で一日泣いていたそうです。
そして母が亡き後、母の手記をみつけます。

母の手記には、夢が叶うなら亮吾が大学生になるのを見たいと書かれていたのです。
そこから松丸亮吾さんは猛勉強、一浪の後、東大に合格しました。
そして母の墓前に報告したそうです。

松丸家の母親はとてもりっぱに子供を4人育てて、50代の若さでこの世を去ってしまいました。
もっと生きて、子供たちの成長を見守りたかっただろうに・・・

とてもせつない松丸家のエピソードでした。

タイトルとURLをコピーしました