DV夫から逃げて一家離散、私と子供はみんな借金持ちになった




そうだ、京都へ行こう!というコマーシャルを見て、イライラ。
この暑いのに、京都なんて行ってられるか!なんて思いました。

でも、金銭的にも身体的にも余裕がある方は、優雅に京都旅行を楽しめるのかもしれないです。
独身時代に、京都へ一人旅したことがあります。
はじめての一人旅で、ドキドキしっぱなしでしたが、知らない街を歩いたのは楽しかったな。

いろいろな所へ旅しておいて良かったと思います。
いつかまた京都へ行ける日はくるのだろうか。

DV夫から逃げて一家離散した私たち

娘と息子は、奨学金と言う名の借金を背負うことになりました。
娘は、今育休中でも、奨学金の返済が続いています。
息子は、今、第一種の方の奨学金を借りていますが、大学院にすすむというので、あとどれくらい借りることになるのか。

親ガチャのハズレくじ、ひいちゃったよね。
本当にそう思う。
結婚しない子供は嫌いと言っていた娘が、今は一生懸命育児をしているのが、せめてもの救いです。

私は65歳で、借金の返済は終了の予定です。
月々17000円返していて、あと30万くらい残っています。
国の教育ローンなので、利息がすごく低いので助かっています。

借金があるからこそ頑張れると思ったこともあったけれど、体調が悪い時などはため息しか出てきません。

それでもDV夫から逃げなかったら、もっと悲惨な毎日になっていたはずです。
息子にはとくに、貧乏には負けないでほしいって思います。

DV夫との結婚を選んだのは自分なんですけど、ただ子供たちには申し訳なく思います。

タイトルとURLをコピーしました