大きなミスをしてしまいました。

スポンサーリンク




a0001_000268
 2016/01/19

スポンサーリンク

昨日、職場のスーパーに行くと、チェッカーリーダーの女性社員に呼び出されました。 娘と同い年の女性なんですが、普段はいつも、キャッキャと冗談を言い合っているのに、昨日はなんだか神妙な面持ちでした。

ワッ、何かやってしまった?とドキドキでした。
やはり・・・そうでした。

ちずるさん担当の土曜日のレジ、3000円足りないのだけど、何か覚えはないですが?
脳が老化しています。二日前の土曜日のことなど、頭に入っているわけもなく・・・
わかりません。申し訳ありません。

現金は自動釣銭機になっているので、間違えようがありません。
機械は何よりも正確です。
間違えたとしてら、PASMOの支払いのミスか、商品券などギフト券の入力ミスです。

でも、自分のミスも何も覚えていなくて、 ただただ謝ることしかできませんでした 「今回は3000円でしたが、5000円以上の差額のミスが出ると、始末書を書いていただきます。 ちずるさんだけでなく、私も店長も始末書を書かなければならないので、今後は気を付けてください。」 と言われました。 一台のレジには、一日に何人も入りますが、レシートにはチェッカーの名前が印字され、どこで誰がミスしたかは調べれば 簡単にわかります。 でも、今回は本社からの通達がなかったので、追求はしないという事でした。 なんだかすごいショックでした。 会社に迷惑かけたことも、本当に申し訳ないし、あとは自分がミスをしてしまったこと、それを思い出せないことにです。

約八年前の入社当時も大きなミスをしました。
デパートの商品券で、お支払いを受けてしまったのです。

当時の社員さんに怒られたこと、今でも覚えています。

「ちずるさん、ここはスーパーです。
なぜ百貨店の商品券が使えますか?
それくらいわかるでしょ?」

その時も、ただ平謝りでした。
あの時は、新人だから・・・で、大目にみていただけましたが、今回は8年もいる古株のミスです。

レジ業務を、なめたらだめだなぁと痛感しました。
仲の良いお客さんと、べらべら話したり、他の考え事をしながらと、最近はだれていたような気がします。

明日からも気を引き締めて頑張ります。

いつも、ご訪問いただきありがとうございます。
応援、本当に励みになります。
感謝です。
ランキングに参加してます。応援ポチッしていただくと嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました