こんな老後を迎えるとは、思っていなかった

スポンサーリンク




老後の経済格差が大きいと感じています。
豊かな老後を迎えているのは、やはり大手企業に勤務のご夫婦でしょうか。

お給料が良ければ、その分、社会保険料もたくさん納めていたのだから、年金の額も多くなるのは当たり前のことです。

私は小さい時から、ずっとサラリーマンと結婚したかったのです。
自営業は大変だと両親を見ていて思ったからです。

それなのに自営業のモラハラありDVありの夫と結婚してしまいました。

こんな老後を迎えるとは思っていませんでした。

夫が年金未納者であることは、結婚してから知って、とてもショックを受けて、個人年金に入ってもらいました。
年収1000万時代は、3年ほどあったかもしれないけど、あれよあれよという間に貧乏になっていきました。

子供のための学資保険も、個人年金も解約しちゃいました。
子供二人を小学校から私立に入れたのが最大の間違いだったかもしれないです。

今となっては、一番後悔しているのが年金を納めてこなかったこと。
免除申請は、世帯の収入で見られるのでできなかったのです。

夫婦で年金未納の時期が続きましたが、50代でこれはまずいと思って、職場の社会保険に加入したのです。
その時は、別居を見据えての行動でした。
時すでに遅し、おかげで、スズメの涙ほどの年金になってしまったわけです。

過去をみて、悔やんでも仕方ない。

今は、なんとか暮らせています。
あと10年で、少しでも貯金をしたい。

年金受取は、もちろん繰り下げ70歳と考えています。
健康で、働く場所がある、それだけでも感謝だと思うことにします。

今日の夕飯は、松屋福袋の中の豚肉の生姜焼きです。
レンチンするだけ、超手抜き、ラクです。

生姜がきいていて、とても美味しかったです。

タイトルとURLをコピーしました