毎回、落ち込んでいた給料日

スポンサーリンク




今日は、チラホラと観光客の方が買い物に来て、徐々に行楽を楽しもうモードに変わってきた気がします。
これからは、コロナと共存していくしかないのかなと思います。

給料前の今日はノーマネーディー。
帰宅後は、アイスコーヒーとパルムで、ホッと一息つきました。

母子家庭時代、給料日は毎回落ち込んでいました。

一か月、頑張って働いた給料がほぼ一日で消えてしまうと、やはりむなしくなり、ため息も出ました。
息子には、なんで今日は機嫌が悪いのか?なんてよく言われたものです。

普通はうれしい給料日が、私にとって落ち込む日でした。
家賃、光熱費の支払い、カードローンの支払い、カード払いの支払いなどで、大げさでなくあっという間にお金が消えていたからです。

2DKだった前のアパートは家賃が5万円、現在のワンルームは4万円です。
1万円やすくなったのは大きいかも。
そして光熱費も、一か月10000円ですむようになりました。
昼間は仕事でほぼいないから、二人で暮らしていた時よりも、ずいぶん下がりました。

そして何よりも食費の減少が大きいです。
息子がいた頃は、お米を毎月10キロ買っていたけれど、今は三カ月に一回5キロのお米を買うので間にあっています。

朝食抜きの16時間ダイエットをやっているので、朝食は抜き、夜の主食はオートミールを食べることが多くなりました。
なので、お米が減りません。
そして自分一人のご飯作りは、手抜きに拍車がかかりました。
野菜が高騰してれば、冷凍野菜ですませています。

好きな物を好きな時間に食べれるのも、一人暮らしの利点です。
現在の食費は月15000円くらいですんでいると思います。

今年に入ってから、すべての支払いが終わっても、お金が少し残るようになってきました。
さぁ老後資金を貯めよう!と思っていたけれど、まず子供たちを助けることを優先したい。

貧乏でも大学院に行きたいと言ってる息子のために、密かに貯めておこうと思っています。
そして娘の奨学金の返済も助けたい。

老後資金を貯めるのは、その後になる。
健康でいれば、ずっと仕事は続けられるはず。

副業もやればやるだけお金になるので、頑張って続けていくつもりです。

DV夫から逃げた体験談を毎日が発見ネットに連載しています。
よろしかったらご覧になってください。

モラハラDV夫から逃げるため密かに準備したアパートへ。私と息子は無言で家を後にした/chii
モラハラDV夫との異常な結婚生活を振り返っています。 いろんなことを乗り越えて、今やっと平穏な暮らしを取り戻すことができました。 本当に波乱万丈な結婚生活だったのですが、その中でも忘れられない出来事を書いていこうと思います。 【前回】モラハラDV夫が暴れるたびに家を追い出されていた私。その逃げ場所は.../chii 【...
タイトルとURLをコピーしました