気持ちまで貧しくなった、ぼっちの夕飯

スポンサーリンク




今日は午前中は教会へ行き、すぐに帰宅。
途中の花屋さんで、お花を見て春を感じました。

こんなお花が部屋にあったら、気持ちが明るくなるだろうなと思いつつ、何も買わずに帰ってきました。

今日はノーマネーディーと決めていたから。

お昼は、レトルトカレーと作り置きのブロッコリーを食べました。

そして昼寝。
だるいので掃除は、コロコロでサッとすます。

そして、心まで貧しくなった夕飯 

 

豚肉のような大豆のお肉で、生姜焼きを作りました。
ミンチタイプは食べたことがあり、本当にお肉と変わらないと感動したので、今度はブロックタイプを買ってみた。
三代目茂蔵という豆腐専門店で130円です。

まずぬるま湯に、大豆のお肉を30分浸します。
よく絞ってから、フライパンで炒めます、今回はしめじも入れてみました。

焦げ目もついて、なかなか美味しそうじゃない?と思ったのですが。
食べてみてがっくり、弾力はあるのだけど、まるでゴムを食べているような味でした。

これはお肉ではない!と、貧しーい気持ちになってしまいました。
豚肉くらい買おうよ~と思ったのでした。

主食は、オートミールにインスタント味噌汁を入れて、レンチンしたもの。
今日は、お豆腐も入れてボリュームアップ。
見た目はそうでもないけれど、こちらはとても美味しかったです。

おかゆ、おじやみたいな感じです。

やっぱりぼっち飯は、美味しいもの食べないと。

本当に気持ちまで、貧しくなってしまうので、ケチケチしてはダメだって思いました。
美味しい食べ物は、明日への活力になります。

節約のしすぎはよくないって、さとった一日でした。

タイトルとURLをコピーしました