息子から突然の電話、「お金貸してほしい」

スポンサーリンク




今朝は、地震で目が覚めました。
神奈川県は震度3だったそうですが、けっこうな揺れを感じた。
思わずベッドから飛び降りて、食器棚を押さえにいきました。

大きな地震がきたら、食器棚が倒れるかもしれない。
やっぱり地震対策をしなければ。

息子から、突然の電話がありました。

電話をしてくる時は、何か頼み事がある時、いつもはラインの返事もうんとか、わかったとか一言です。
やっぱり頼み事でした。

「生活費が足りなくなった、家賃が払えないから10000円貸してほしい」という話でした。

前回11月の中旬に会った時、こんなのつけてるなんていいながら、スマホの家計簿を見せてくれました。
こんな感じで使っているから、お金のことは心配しないでいい、大丈夫だからと言っていたのにです。

私なんか家計簿をつけていたのは、何年前のことだろう。
今はめんどくさくてやっていません。

お金を計画的に使うなんて、さすが息子だ~と思っていました。

話を聞くと、私の知らない間に九州に旅行に行ってた。
大学の友人たちと、飛行機で。

リッチですね~

先日会った時に、今しかできないこと、大学生の今しかできないことをやるべきだと話しました。
息子はもっと楽しもうと思って、友人たちと遊ぶ時間が増えたようです。

友人たちは、だいたいが親の仕送りをもらっています。
息子のように奨学金とバイトだけで生活している子はいないようです。

それに関しては、いつも申し訳ない気持ちでいたので、もちろん一万円は貸します。
私を心配してか、1月には必ず返すからと何度も言いました。

もちろん返してもらうつもりはないですが、息子が私を頼ってきてくれたことがうれしい。

私が今勤務時間を増やして働いているのは、一日も早く借金を返し終えるためです。
身辺をきれいにしておきたいから。

早く借金を返したい。
そして子供を助ける親になりたい(今更ですが)
そのためには健康で働き続けることが第一です。

タイトルとURLをコピーしました