裕福な60代と、貧乏な60代

スポンサーリンク




今日も寒い~~。
職場のスーパーは、ライバル店が改装オープンしたため、お客様がいっきにそちらに流れて、ひまになりました。

ひまでも、忙しくても時給は1040円と変わらないので、ラッキー!って思ってしまう。
上司には怒られそうですが。

一円でも安いスーパーに行き、見切り品ばかりを買う方、値段など気にせずバンバン買うお客様。
やはり客層は二つに分かれます。

裕福な60代と、貧乏な60代ではあきらかに生き方が変わってきます。

ブログを見ていてもそう思います。
私は貧乏な60代の代表のようなもの、そしてぼっちです。

貧乏な60代はセミリタイアなんて、夢のまた夢。
死ぬまで働くことが目標になります。
(私の場合は)

でも、負け惜しみでなく、私は今の自分の生き方が気に入っています。
もし宝くじで一億円当たったら、働く意欲をなくすと思う。

そしてなんのために生きているのかわからなくなるかもしれないって思う。

借金があるから、底辺の暮らしだからこそ、たまに食べるケーキが美味しかったりします。

今日はまみれさんの休日ってお菓子を買ってきて、コーヒーと共に食べました。
至福のひと時です。

チョコまみれってお菓子はご存じでしょうか?
カントリーマアムにチョコレートがコーティングされていて、ホントにチョコまみれなのです。

娘にすすめられた食べてみたら、美味しくってはまってます。
今日のまみれさんの休日は、ラム酒がきいていてさらに美味しかったです。

今日は、ワンルームに越してきて初暖房です。
ぬくぬくとして温かいです。

寒いの我慢してたら、心まで寒くなったので、暖房の節約はしないつもり

ではまた・・・

タイトルとURLをコピーしました