おひとり様の老後不安、一番は健康でいられるかということ。

スポンサーリンク




手のあちらこちらに紫のあざ(紫斑というらしい)ができています。
数えたら5つもありました。

怖いのはぶつけた覚えがないということです。
元々あざはできやすい方で、夫からの暴力であざがない日はなかったのですが、今は暴力を受けることもありません。

昨年の健康診断で血小板の数値が低く、要観察になりました。
もしかしたらこれが原因かも。

心配なので、ググってみたら老化によるものとか、ビタミンC不足と出てきました。

ビタミンC不足は深刻かもしれない。
野菜が高めで、あまり緑黄色野菜を食べていませんでした。
サプリメントで飲んでみようかな。
DHCのものならそんなに高くはないはずです。

おひとり様のと老後不安、一番は健康でいられるかということ。

もちろんお金の心配も、ないと言ったらうそになります。

70歳すぎても働く予定の私としては身体が健康でい続けることが一番の願いです。
けがや病気をすれば医療費がかかってきます。

今でのキツキツな家計に、医療費などをかける余裕はないです。

先日、パート仲間のお姑さんが亡くなりました。
認知症の義母の介護は大変だったと思います。
身体は健康だったお姑さんは、80代前半で認知症になりました。

壮絶な介護の末に、お姑さんの最期は階段から落ちて全身を打ってのショック死でした。
高齢者は転んだらおしまいという言葉をよく聞きますが、本当にその通りだと思います。

私の母の場合は、転倒してからさらに認知症が進行しました。

身体も健康、脳も健康が理想です。
そして転ばないように筋力をつけておくのも必要です。

老後不安は誰でもあると思いますが、60代のうちは自分をいたわりつつ酷使しないようにしたいです。

次回の健康診断は来年の一月です。
紫色のあざがなんでもないことを祈る。

タイトルとURLをコピーしました