悲惨な日々の過去記事を読んでみた

気分が沈みがちでした。
原因は寂しさと貧乏ぶりでしょうか。

娘が帰った後は、しばらく寂しい気持ちになります。
時間がたつと消えるのですけど。

貧乏の劣等感もあります。
将来、結婚となったら不釣り合いだと断られたりしないだろうかなんて心配になります。

今の暮らしに感謝、今あるものに感謝すべきなのだけど、なかなかウツウツな気持ちが消えないので

悲惨な日々の過去記事を読んでみました。

母子家庭の話題に関してはこちらのブログに書いていたのですが、当時は苦しくて苦しくて両方のブログに書きまくっていました(笑)
もっとも悲惨だったのがこの頃です。

受験うつ?息子が壊れていく
読者の皆様、こんばんは。憂鬱な毎日が続いています。たまには明るい記事を書きたいのですが・・・状況は悪くなるばかりです。受験うつ?息子が壊れていく受験が不合格に終わり、息子の様子がどんどんおかしくなっていってます。最初は疲れているのだろうと思

よく泣いていました。
そして気が付いたけれど、息子が大学に合格して泣いた日から、もしかしたら一度も泣いていません。

悲しみの涙も喜びの涙もです。

ただ落ち込むことはあっても泣くほど悲しいことはないってことです。
たまに自分の過去記事を読むのもいいなと思いました。

あの悲惨な日々に比べたら、今の暮らしは感謝の日々です。
明日は高校の同窓会に出席するそうです。

晴れて大学生となり、お世話になった高校の先生方にも会えること。
やはり感謝です。

タイトルとURLをコピーしました