心がきれいな子、心が汚い子

今日、息子は合宿に行き帰ってきません。
一人の夕飯は思い切り手抜きのレトルトカレーです。

完全に一人で暮らすことになったら、夕飯は毎日手抜きになってしまうだろうと思いました。
節約にもなるけれど、身体には悪いでしょうね。

今日は職場の話、なんとなく人の心の中が見えてしまいます。

いろんな年代がいますが、同じ20代で心がきれいな子、心が汚い子がいます。

(二人とも実家暮らしのフリーターです)

心がきれいな子は、人の嫌がる仕事をすすんでします。
だからけっこう利用されてしまうこともあり、いろんな仕事を押し付けられています。
でも嫌な顔もしないし、人の悪口も言わないのです。

一方心が汚い子は、上司の見ている前では真面目に仕事をするのですが、上司がいないとどこかにさぼりにいってしまいます。
スーパーでレジから勝手に離れる子なんていますか?
それを注意できない社員もだらしないのですが・・・

今日も何度もぬけてどこかに消えてしまいました。
レジが嫌いならなぜスーパーで働くのか気持ちがわかりません。

心がきれいな子と心が汚い子、神様は見ていると思ったことがありました。

心がきれいな子と一緒にサービスカウンターをやった時の話ですが、とにかくお客様に人気があります。
こんないい子いない、この子がいるからこのお店にくるというお客様もいました。
一緒に仕事をした時、お客様に対しても一生懸命接するので、何度も感謝され、チョコレートやお菓子などお礼のものをいただいていました。

本当に私も何かをプレゼントしたくなるような子なんです。

顔も違います、いつもニコニコして穏やかな表情をしています。
一方心が汚い子はいつも疲れた顔をしています。

人が見てない所でも、良い行いをする。
これはなかなかできないことかもしれないけれど、神様はその人の行いを見ているって思いました。

同年代でこんな違いがあるのは、子育ての結果なのでしょうか。
心がきれいな子のお母さんは、とてものんびりした方でした。

もう一人の子のお母さんも買い物に来ますが、せかせかしていらだっているように感じました。

私の子供たちはどうなんだろう?
困っている人をみたら、とっさに手を差し伸べる子になったのだろうか。

ちょっとわかりません。

タイトルとURLをコピーしました