嫌われる勇気 嫌われている社員

スポンサーリンク




嫌われる勇気、何年か前に、ベストセラーになった本です。
未だに、売れ続けています。

先日、書店に行ったら、まだ売れ筋ベスト10に入っていました。
なぜ、この本が売れ続けるのか・・・

それだけ人間関係に悩む人々が、多いのかもしれません。

テレビドラマにもなりました。
それだけ話題の本なんですね。

スポンサーリンク

この嫌われる勇気は、アドラー心理学の自己啓発の本です。

本文より~
アドラー心理学は、勇気の心理学です。
あなたが不幸なのは、過去や環境のせいではありません。
ましてや能力が足りないのでもない。
あなたには、ただ”勇気”が足りない。
いうなれば「幸せになる勇気」が足りていないのです。(p.53)

うちの息子も昨年、購入して読んでいました。

息子は、気の小さいところがあって、人の視線、人の顔色ばかり窺っているような所がありました。

自分は、どう思われているのか、そんなことばかり気にしています。

私と息子には、幸せになる勇気が足りなかったと感じました。

本文より~
自由とは、他人に嫌われること

はっとしました。
嫌われたくないから、悩むのが人間?!

その他にもいろいろとハッとする言葉が出てくる本です。

読者の皆様は、もう読みましたか?

嫌われる勇気の続編

ドラマでも、このアドラー心理学の名言がちりばめられています。
ドラマも、評判になっているようです。

職場に、みんなに嫌われている男性社員がいます。

嫌われる理由は、仕事をしないこと。
自分が楽しよう楽しよう、それしか考えていないのです。

わからない所で、さぼっているけれど、みんな知っています。

自分が嫌われていることは、わかってないと思います。
みんな本人の前では、悪口は言いません。

陰で批判しているだけです。

40代の男性で、独身です。

人の目を気にせずに、自分のやりたいことだけやっています。 嫌われる勇気を、誰よりも持っているのか、とても自由に見えます。

仕事もせずにさぼり、嫌われている理由があります。

でも本人が、自由で、幸せならそれでいいのでしょうか。

わかりません。

自分が今、幸せか、不幸か決めるのも自分です。

ご訪問くださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました