浪人生、眠れない!一睡もできずに、模試には行けませんでした。

スポンサーリンク




朝、7時に起こしに行くと、息子はもう起きていました。

「あれ、もう起きてるんだ」

「違う、これから寝る、一睡もできなかった」

私は耳を疑いました。

スポンサーリンク

浪人生、眠れない!一睡もできずに、大事な模試を受けに行けませんでした。

まさかのまです。

悪い予感は的中してしまいました。

息子の自立のために、手も口も出さない
朝晩は、少し寒くなってきました。 今日も、仕事帰りのバスの中では爆睡してしまいました。 もう乗った瞬間に、眠りにつきます。 あの揺れが気持ちいいのです。 帰宅すると息子は、自分の部屋にいて、ブツブツ言ってました。 ...

手も口も出さないと決めて、これ?
やっぱりだめなのかと。
悲しみと怒りがこみあげてきました。

「大事な模試だよ、今までの頑張ってきたのに。起きて行きなさいよ」
何度も説得してみました。

だんだんイライラしてきました。

お願いだから寝かせてくれと懇願する息子。

これは無理やり行かせても仕方ないとあきらめました。
本番のセンターまであと二か月弱です。

本番にこんなことが起こったら?と、不安な気持ちが広がっていきました。

今年のセンター試験の前日に、電車にのるのが怖いと言った息子。
その悪夢がよみがえってきました。

イライラしてもう何も手につかなくなり教会へ行きました。
そこには子育ての先輩もたくさんいます。

教会につくなり、聞いてよ、息子が睡眠障害で起きられずに大事な模試に行けなかったの。
少し前の模試で、D判定が出て、落ち込んでると話しました。

大事な模試を受けなかった。
これは最悪だ。
もう来年もだめかもしれない。

私の心の中は、そんな負の連鎖にあふれていました。

先輩ママの一言。

模試なんて行かなくていいよ。
本番で力を出せばいいんだから。

この言葉で、気持ちがスッーと楽になっていきました。

そうだ。
済んだことをくよくよしても仕方ないし。
それに、本当に模試は受けない方がよかったかもと思いました。

昨年のセンター前プレ模試で、息子は志望大学A判定を出して、安心しちゃったのです。
そして油断。

良い判定が出ると油断。
だめな判定が出ると落ち込む。

ならば模試など受けない方がいいのだと思って、やっと心のザワザワが収まりました。

それよりも、生活のリズムを整えるのが優先。
これは、やはり協力も必要だと思います。

タイトルとURLをコピーしました