塾から面談のお知らせ、高校4年生と書く

スポンサーリンク




浪人生の皆様は、普通は予備校に行くと思います。

予備校って、高校のような感じでホームルームがあって授業があるのでしょうか.
そしてやはり自習室ってものがあるのでしょうか。 

私にとっては未知の世界です。

息子も本当は予備校に行きたかったのだと思いますが、貧困母子家庭です。
予備校のお金は捻出できず、個別指導塾に行っています。

大学生の講師が一対二で個別指導してくれます。

運が良かったのか、息子の担当は東工大の3年生で、国公立対策をいろいろ聞くことができます。
おまけに、同じく貧困母子家庭の学生さんでした。

貧困の痛みを理解してくれています。

スポンサーリンク

その個別指導塾から面談のお知らせが届きました。

名前と希望日、そして高校4年生と書きました。
高校4年生、つまり浪人生は息子だけです。

あとは現役生ばかり。

そんな中で授業を受けるのはどんな気持ちなのだろうか。

貧困とはある意味、病気だと思います。
時には、つらくなります。

でも夫の元にいたとしても、貧困だったはず。

だから、これでよかったのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました