私立でもいいよね?



いよいよ私立大学の受験が間近に迫ってきました。

やはり息子は、目指していた国公立大に行きたいのだと思います。
国公立大に入るために二年間頑張ってきました。
目指していた国公立大学は、センター試験で実力が発揮できないという失敗をしてしまったので、ワンランク下げました。

私立大学と国公立二次の試験が近づいてくると、メンタルの弱さが出てきました。

私に何度も聞いてきます。

私立でもいいよね?

奨学金返せるよね?

この問いは、やはり貧困母子家庭だからでてくる言葉です。
大丈夫、学費の心配はしないでと言えない所がつらいです。

辛いというより申し訳ない気持ちです。

息子はインターネットでみた情報が頭から離れないようです。

奨学金借金地獄、奨学金の借金があるからほしいものも買えない借金地獄だ。

これは全く嘘の情報ではないと思います。
でも、すべての人が借金地獄に陥っているわけでもないと思います。

安定した企業に勤めれば、たとえ何年かかっても奨学金は返せると思います。

娘にもlineで聞いたみたいです。

「奨学金返せるかな?」って。

娘は、「借りている人たくさんいる、真面目に返していけば大丈夫だ」と返信したようです。
娘も、今、月々15000円を滞ることなく返しています。

DVでモラハラな父親の元では、幸せになれなかったと思う二人の子供。
今度はお金の面で苦労をかけさせてしまっています。

私立でも大丈夫だよね?

その言葉の裏には、どうしても国公立に行きたいが隠されているのではないかと。
二次試験のプレッシャーと闘っています。

私立が一つでも合格し、私立でもいいという気持ちになれば、その大きなプレッシャーから少しは解放されます。

昨年は国立大でなければ絶対にだめというプレッシャーを与えてしまいました。

そんなことから、私は母親として、もっと働いてもっと頑張らなければと思うのです。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにご訪問ありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



コメントの入力は終了しました。