貧乏はいやだ、借金はいやだ



今年の春、まさか浪人するとは思ってもみなかったので、奨学金の予約採用をしていました。
一種の利子ゼロの奨学金を月4万借りる申請が通っていました。

落ちてしまったので、その奨学金の申請は白紙にもどりました。

浪人生でも、卒業した高校を通して、また奨学金を申し込むことはできました。

ところが息子は、奨学金の申請をしませんでした。

日頃から貧乏はいやだ、借金はいやだと言っていた息子です。

本来ならば、親が出してあげるべき大学の学費ですが、それができない情けない貧困母子家庭です。

奨学金の申し込みをしていないということで、一気に不安になりました。

息子はちゃんと考えていました。

奨学金という借金をするよりも、授業料免除を目指しているということでした。

最悪、大学に合格してから、奨学金の申請もできます。

お金の心配までさせたくなかったです。

貧乏は嫌だ!

痛いほどに貧乏の苦しみを痛感していると思います。

借金は嫌だ!

これは私も同じです。

奨学金は借金ですからね。

友人の一人に子供三人の奨学金1000万円を背負っている人がいます。
以前記事にした薬剤師になった娘さんのママです。

ママさんも薬剤師、それも正社員なので、かなり高給取りだと思います。
だから1000万円という借金を背負えるのだと思います。

それにしても、別居中の夫。
自分の子がどうしているか気にならないのだろうか。

受験失敗して浪人していることも知りません。

親じゃない!

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。