18歳成人法成立、母子家庭の立場の私は賛成です

スポンサーリンク




18歳成人法が、今日、国会で成立しました。

18歳って、微妙な年齢だとずっと思っていました。

スポンサーリンク

18歳成人法成立は、母子家庭の母の立場の私は、賛成です。

お酒やたばこは、今まで通り20歳から。
成人式も20歳のまま。

変わるのは、クレジットやローンなど、親の許可がなくてもできるようになること。

そういえば選挙は、もう18歳からでしたね。
息子が18歳になってすぐに、選挙がありましたが、息子は行きませんでした。

高校三年生に、誰を選んで、誰に投票していいかなんて、わからなかったと思います。

18歳は、大人なの?子供なの?

私から見ると、大人になりかけた子供という感じでした。

でも、今回、18歳成人法が成立したとなれば、子供の自立しようという意識が、強く働くように思うのです。
私は、息子が、一日も早く自立してほしいと、今も思っています。

自分が楽になりたいから?

正直に書くとそれもあります。

一番の理由は、一人で生きていく力を身につけてほしい、それが一日でも早い方がいいということです。

息子は、幼いです。

娘は、18歳で家を出て、親に頼ることなく自立していきました。
女の子の方がしっかりしているからかもしれないけれど、息子はもう19歳。

今、自立して出ていきなさいと言っても何もできないと思います。

いろいろな家庭があると思いますが、今の若者、親に甘えすぎって思うのです。

先日、職場の同僚の息子さんが、大学4年生で大学を中退しました。
奨学金を借りるのでもなく、親が全部出してあげたのです。

それが全部パーです。

親の許可を得ずに、勝手に退学願を出してしまったとか。

私だったら、ふざけるな!と言い、勘当しちゃうかもしれません。

18歳成人法が施工されたら、甘えた若者が減るような気がするのです。
なので、私は賛成です。

タイトルとURLをコピーしました