貧乏びんぼー!お金がないとわめいていたDV夫

スポンサーリンク




読者のみなさま、こんばんは。

暖かくなったり、寒くなったり、寒暖の差が激しいですね。

今日の職場、病欠が3人。
そして明日の雨予報を聞いてか、お店はとても忙しかったです。

確定申告のことで、どうしても話さなくてはならない用事があり、DV夫に電話をしました。
話すのは、10か月ぶりです。

いやな予感は的中しました。

スポンサーリンク

DV夫は、貧乏でびんぼーで、お金がないとわめいていました。 そして、おまえのせいだ!とわけのわからないことを、まくしたてていました。

自分の子供のこと。
娘や息子のことなど、聞こうともせずに、恨み節のオンパレードでした。

私は家賃も払っているし、息子の学費も払っているし、大変な暮らしをしています。
そんな私の話なんか、聞こうとはしませんでした。

夫には、持ち家もあるし、自分の食い扶ちくらいは稼げるだろうに・・・
夫は、63歳になりました。

自業自得といえばそれまでですが、無年金者です。 払ってこなかったのですから、これからも一円たりとももらえません。

そして無保険。

これも国民健康保険を滞納中、滞納額はどれくらいたまっているのか、見当もつきません。

めちゃくちゃな老後です。
下流老人、老後破産、すべての言葉が夫にあてはまります。

同居中のことですが、家族の保険料も、なんで俺が払うんだ、自分で払え!と言われて
もうあてにできないと思いました。

自分の身、そして子供たちは、私が守らなければと、世帯分離をしました。
そして息子は、私の扶養にし、会社の社会保険に入りました。

年金も満額ではありませんが、少しはもらえます。

夫といたら、それも巻き上げられていたかもしれません。

夫にとって、家族は道具だったのです。
先ほど、久しぶりに話してみて、思いました。

ズボンのすそ上げをしに、もどってこい!
怒鳴りながら頼まれても、誰がやってあげようと思いますか?

全然、変わっていません。

怒鳴り散らす声に、もう恐怖はありませんでした。

あのタイミングで、脱出しなかったら、私も息子もボロボロにされていたかもしれない。
家を出て、本当に良かったと思いました。

お金がない、お金がないとわめき、貧乏神に取りつかれた人。 あの人といたら、私と息子、そして娘の未来はなかったと思います。

私は、自分で選んだ相手、自分の責任です。
でも、これ以上、子供たちを巻き込みたくありませんでした。

息子は、修学旅行から帰宅後、猛勉強をしています。
受験費用のためにバイトもしています。

夫は、そんなことも知らず・・・
逃げやがってと恨んでいる様子です。

籍を抜きたい。
調停を起こす。

そんな言葉を吐いたら…
逆上するかもしれないと思いました。

そっとしておいてほしい。
それが本心です。

ご訪問頂きありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました