ボーナスシーズンに、宝くじを3万円以上買っていた夫、当たるわけないのに

スポンサーリンク




ボーナスシーズンで、10万円支給もあり、街中はにぎわっています。
職場に3人のお子さんがいるシングルマザーは、10万円支給を楽しみにしているようです。

ボーナスシーズンになると、思い出すのは、夫の宝くじ大量買いです。

毎回3万円以上は買っていました。
私は、いつも大反対していました、だって当たるわけないですから。
3万円あったら家族で美味しいものを食べれるのにっていつも思っていました。

家族とお金どっちが大事?という質問に、お金に決まっているだろと答えた夫。
そんな愛情のかけらもない人に、金運の神様がほほ笑むわけがない。

夫は自営業でしたので、ボーナスはなし。

毎年、年末ジャンボを3万円分買って、お正月は、宝くじが当たっているか、眺めながら過ごす。
私の実家との付き合いも、自分の親戚との付き合いもすべて自ら断っていました。
寂しい人生です。

息子と娘が、私の実家でお年玉をもらってくると、何かおごってくれと言い、実際にお寿司をおごらせた情けない父親でもあります。

宝くじが当たってないとわかると、また私や子供たちに八つ当たりです。
夫と過ごした年末年始は本当に嫌で嫌でしょうがなかった。

大晦日に追い出されたことも二回ほどあります。
ネットカフェで、一人新年を迎えました。

あの頃を思えば、今年の年末年始はやはり天国です。
今年はぼっちだけど、ベッドの中でヌクヌクして紅白を見る予定・・・

タイトルとURLをコピーしました