他人の不幸は、蜜の味

スポンサーリンク




a0960_006787

仕事の帰りに、コンビニにより、レジで並んでいました。

「あら!奥さん」と声をかけられました。

そちらを見ると、一番会いたくない人でした。

スポンサーリンク

元わが家、つまり夫の家の近所の長老のご婦人です。 夫が小さい時から知っている人で、唯一、夫の味方をする人でした。

この一年半、遠くで見かけることはあっても、関わりたくないので、見つからないように
隠れていました。

あ、みつかってしまったと、思いました。

案の定・・・

「奥さん、どこへ行っちゃったのよ!
出ていくなんて、旦那さんが可哀想じゃない!!」と言われてしまいました。

そのご婦人、夫にも奥さんはどこへ行ったの?と聞いたらしいです。
寂しそうに、いないと言ってたと教えてくれました。

そうか、このご婦人にとっては、初老にさしかかっている夫を、一人置き去りにした妻、 私は悪者なんだと思いました。

コンビニの中で、自分の壊れてしまった家庭の内情を話す理由もないけれど・・・

とりあえず、出て行ったのではなく、追い出されたのです。
もう何年も前から出ていけと言われていたので。
と説明をしました。

そのご婦人、目を丸くしてびっくりしていました。

そして、また質問

「子供はどうした?
子供も連れて出たの?」と聞いてきました。

「もちろんです。」

そう答えると、態度がガラッと変わり、
「あんた、働いているんでしょ?
あんたも大変だけど、身体に気をつけてがんばりなさいよ」と言いました。

徒歩10分の所へ、逃げた私が悪いのですが、
本当に、元わが家の近所の方々に、ばったり会うことが多いです。

他人の不幸は蜜の味?! みなさん、好奇の目をして、根掘り葉掘り、聞いてきます。

夫のことは、切り捨てて生きていくと決めたばかりなのに・・・

可哀想という言葉に、ちょっと反応してしまいました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました