訃報を聞いて・・・。怖いのは10年後。

スポンサーリンク




a0790_001010

紫陽花、私が一番好きな花です。
今年もまた紫陽花の季節が訪れました。

スポンサーリンク

昨日、職場で訃報を聞きました。 お寿司コーナーで、去年暮れまで働いていたパートさんが、先月の末に亡くなったという悲しいお知らせでした。

去年の11月ごろ、お腹が痛いと、時々早退していました。
気持ちが悪いとか、吐き気がして食事がとれないとよく話していました。

早退して病院へ直行、すぐに入院となったそうです。

もっと早く病院へ行ってれば
早期発見できたかもしれないのに・・・

末期の胃がんでした。
去年の暮れに余命半年と宣告され、半年持たずに逝ってしまいました。
64歳でした。

独身の息子さんがいて、二人で暮らしていたと聞いています。

癌は怖いです。 日本人の4人に1人が癌になる可能性があると聞いたことがあります。 やはり食生活の影響でしょうか。

昔に比べ、身体によくない添加物を平気で使ってます。
たとえば、有名なメーカーのパン、何日たってもやわらかいパン、
固くなったり、カビがはえたりしないのっておかしくないですか。

あんまり気にしないで食べている人が多いのではないでしょうか。
私も食べています。

50代は、まだまだ働き盛りです。
頑張れる年代です。

怖いのは10年後・・・
65歳前後に老化の加速が始まるかもしれないし、病気になるかもしれないし?。
そして、65歳で、定年を迎えます。

毎月決まった給料がもらえなくなります、
はたして年金だけでやっていけるのか?

今は、何も見ずに、ひたすら突っ走っているような感じですが、 健康の面でも金銭的な面でも10年後が怖いです。

仲の良い夫婦だったら、助け合って生きていけたかもしれない、
頼れる旦那さん、私には、今も将来もいません。

怖いけど、どうにかなるさと思って生きていくしかないのかも。

今日もご訪問ありがとうございました。

皆様の応援が励みになります。
応援よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました