妹との確執

スポンサーリンク




a0070_000179

スポンサーリンク

去年の11月、12月に妹と喧嘩をしました。 感情の赴くままに、貧乏びんぼー!息子は受験で食べ盛りのブログに、怒りをぶつけて書いていました。

もう自分のブログには入れないので、コピペしてこちらに移していますが、
批判コメントのきっかけとなった妹の悪口記事は、移していません。

読んでみると、私が悪いなと思うことが多々あったからです。
いろいろ反省しました。
第三者の意見を聞くこと、悪くないなと思いました

妹、以前にも書きましたが、私たちは双子です。
私の方が45分だけ早く、この世に生を受けました。
次の妹が出てくるまで、なぜ45分かかったのか・・・わかりません。
未熟児で、どっちか一人は仮死状態だったと母に聞きました。

それでも元気に育った二人です。
小さい時は、おそろいの洋服を着て、いつも一緒にいて本当に仲が良かったです。

中学まで一緒で、高校から別の学校へ行きました。
双子は、いつでも、なんでも比べられます。
ライバルのような、友達のような、空気のような存在でした。

そんな妹が嫌いになり始めたのは高校生の時くらいです。 いわゆる優等生で、いいこぶりっこ。 親に取り入るのが上手でした。

私は、無理して入学した高校で、勉強がついていけず、赤点とって呼び出しうけたり遊びまわったり
めちゃくちゃな生活をしていました。

親にもたくさん心配かけました。
心配かけて、出来の悪い子とよく言われました。

そして、両親はいつも、妹をほめていました。
社会に出てからも優等生な妹でした。

私は24時という門限をやぶってばかりいました。
門限をすぎた時間に、家に帰ると、母と妹が並んでたって待っていました。

そしてガミガミおこられました。
どっちが姉だかわかりません。
妹は、私を姉だと思ったことは一度もないと思います。
妹は、自由奔放に生きていた私がうらやましくまた、ねたましくもあったと言っていました。

こんな感じで妹との確執は、お互いに心の中で、持ち続けていると思います。 でも、表面上は、仲良くしていこう、そう決めました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
皆様の応援が、励みです。
ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました