妹夫婦が、貧乏になった理由



a0070_000064

 2015/11/09

私の妹は、自律神経失調症の他にも、パニック障害という持病を持っています。

それでも、介護ヘルパーという大変な仕事を続けているのは理由がありました。

妹夫婦には、息子が二人いて、その二人の大学の学費、入るまでの予備校代に貯金を全部使ってしまったのです。
次男は、就職がないからと言って大学院まで進みました。

その学費は、奨学金を借りることなく、全て妹夫婦が出してあげました。
私立大学の文系ですから、一番お金がかかったと思います。

親として、子供の教育資金を出してあげたい気持ちはわかりますが、それで、すっからかんになってしまったと
聞き、少し驚きました。

妹の旦那さんは、小さい時に父親を亡くし、母子家庭に育ちました。
その後、母親が再婚し、行き場のなくなった妹の旦那さんは、高校生の頃から一人暮らしをしていました。

ぐれることなく、新聞配達などをして自分の力で大学を卒業しました。
とても苦労したせいか、優しい人です。

それで自分が苦労したから子供たちには、学費の苦労はさせたくないということで、全部出してあげたそうです。

今は、その息子たちは就職して、自立し家を出でいます。
やれやれ、親の役目は終わったというわけですが、その息子たちが、なぜか冷たい。

近くにアパートを借りているらしいのですが、年に一回、お正月にしか帰ってこないらしいです。
メールも、電話も全くなし、音信不通だよと、妹は笑いながら話してますが、本当は寂しいと思います。

私から見れば、その甥っ子たちはすごくいい子なんですが、
その甥っ子たちに、ちらっと聞いたことがありました。

甥っ子たちは、親の過干渉、過保護がうざかったといっていました。

学費を全て出してあげて、育てあげた子供たちに、うざいと言われてる妹夫婦も可哀想だと思います。

甥っ子たちも自分たちが結婚し、子供でも持てば、親の気持ちがわかり感謝すると思うのですが・・・

そして妹夫婦は、35年ローンで買ったマンションのローンがまだ半分近く残っていると言います。
利息が高い時に借りたのだと思います。
額までは知りませんが。
ローンの支払い、また下流老人にならないために、70歳すぎても働くと言っています。

ご訪問ありがとうございました。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク