今以上に貧乏だった別居直後、コメントにはげまされました。

スポンサーリンク




今日は、ベランダ菜園でできた大葉を冷奴にのせて、食べました。
自分で育てた野菜は、なぜか美味しく感じます。

今でも充分貧乏だけど、一人暮らしになって、家計がだいぶ楽になってきました。
家賃が1万円安くなったとは大きいし、あとは息子の食費がかからなくなったこと。

毎月お米を10キロ買っていたのが、今は半年に一回5キロのお米ですんでいます。
主食をオートミールにしているからなのですが、体調もいい。

大好きなお好み焼きもオートミールで作ってます。

今以上に貧乏だった別居直後

このブログを書く一つ前に、DVから逃げた家族の体験ブログというのを書いていたのですが、当時は本当に悲惨でした。
私一人のパート代ではとてもやっていけなくて、不安で眠れない日が続きました、そんなことをブログに愚痴っていました。

「もう無理だ、やっぱり夫の元に帰ろう」と書いた時に、読者の方からコメントがきたのです。

同じDV被害者からだったのですが、その方は実家にいてお米も山のようにあって経済的には恵まれているとのこと。
「DV夫の元に帰らないで頑張ってください、帰ってほしくないから、なんとか力になりたいから、お米をおくらせてください」と書かれていました。
お米をいただくのは、遠慮しましたが、そのコメントがとても嬉しくて、よし!頑張ろうと踏ん張れたのです。

当時のブログは、同じようなDV被害者の方の読者さまが多かったようです。
今もブログを読んでいただけているでしょうか。

今回、笑ってお菓子を食べてほしいと、読者さまからお菓子をいただきました。
ありがたくいただきました。

帰宅後、すぐに食べたのはバウムクーヘン、やわらかくてしっとりしてとても美味しかったです。
美味しいから、どんなに疲れていても、笑顔になれました。
Mさんありがとうございます。

人の縁とは不思議なものです。
私のブログのフォロワーもいつのまにか300人近くなっていて、感謝の気持ちでいっぱいです。

一方的に書いているブログですが、ブログの向こうには読者さまがいて、これも一つの縁なんだと思います。
ほぼ毎日応援ポイントを押してくださる方も、本当に感謝です。

タイトルとURLをコピーしました