貧困大学4年生の息子に、国民年金保険料追納の案内が届く

スポンサーリンク




帰宅後、ポストを見たら年金事務所から、はがきが来ていました。

えっ?誕生日はまだだから年金定期便ではないはず。
よく見ると息子あてでした。

私の扶養に入っているので、住所はこのマンションになっています。
息子に許可をとって開けてみました。

学生免除を申請している大学4年生に、国民年金保険料追納のご案内が届く。

ついこの前、今年度分の免除申請を出したばかりなのに・・・
もう追納してくださいだと?

大学一年 197610円
大学二年 198480円
大學三年 199320円

追納することによって老齢基礎年金の受取額を満額に近づけることができますと書かれていました。
全額免除や半額免除は年金額に多少は反映されますが、学生特例免除は年金額に反映されないのです。

親が払ってあげてる学生も多いようですが、わが家はとても無理です。
これだけの借金ができたような感じがして、とても嫌な気分になりました。

そして貧乏であることに、また申し訳なく思うのでした。
息子にlineをしたついでに、アルバイトは続いているのか聞いてみました。
(現在ファミレスでバイト中です)

大丈夫、続いていました。
クビになってませんでした。

この追納の案内は息子には転送せず、私が保管していようと思う。
親が貧乏は、何かと不利だと、またまた思ったのでした。

タイトルとURLをコピーしました