ときめかないものを手放す?ときめくものを持っていない

スポンサーリンク




一時期ブームになった近藤麻理恵さんのこんまりメゾット。
たまに動画を見ています。

ときめかないものから捨てていく

これは有名ですね、こんまりさんの片づけメゾットはまず洋服から始めることをすすめています。

動画を見て、私もやってみようと思ったのですが、そもそもときめく洋服というものがほぼありません。

ユニクロのパーカーなんて今から10年くらい前のもの着ています。
これたぶん娘のお古・・・

根っからの貧乏性だなと思いました。
もったいなくて捨てられないのです。

貧乏を引き寄せてしまっていると感じました。

最近、母から譲り受けて来ていたパジャマをやっと手放すことができました。

息子と二人暮らしの時、笑われたこともあった。
それも母から譲りうけたホームドレスなのですが、私はルームウエアだと思っていたので、平気でコンビニに行ってたのです。

学校からの帰り道の息子に、偶然会いました。
息子は、私の姿を見てケラケラ笑いました。

なんで、パジャマを着て、コンビニ行けるの?って。

私は、パジャマだと思っていなかったのですけどね。

もったいないという精神は、母から受け継いだもの。
なかなか物を捨てることができなかったけれど、昨年の引っ越しでだいぶ捨てることができました。

金銭的に余裕ができたら、ときめく洋服を買いたい。
このまま貧乏のまま、人生を終える可能性は高い。

タイトルとURLをコピーしました