入れ歯のメンテナンスに3000円!やっぱり医療費は痛い出費。

スポンサーリンク




コロナも怖いし、地震も怖い、戦争も怖い。
心穏やかに過ごせる日はくるのだろうかとさえ思ってしまいます。

ただ恐れていても仕方ないので、一日一日を大切に生きようと思う。
今日は、仕事帰りに歯医者に行ってきました。

入れ歯のメンテナンスに3000円

恥ずかしながら、入れ歯になってから4年くらいたちます。
総入れ歯ではないけれど、上の歯の半分は入れ歯です。
この入れ歯を作る時に、まだ使える歯を2本くらい抜きました。

未だに、他の歯医者に行っていれば抜かずに他の方法はとれなかったのかと思います。
そうは言いつつ、慣れるしかない。
そして4年もたてば、慣れます。

ただ歯茎の形が変わっていくので、入れ歯のメンテナンスに3カ月に一回は歯医者へ通っています。
歯茎の形が変わり、ゆるくなってしまうのです。

今日は、入れ歯を外し、ずいぶん丁寧にメンテナンスしてるなーと思っていました。
きつくしてくれただけでなく、ピカピカに磨いてくれました。

それで会計が3000円となりました。
痛い出費です。

医療費は痛い出費です。

月10万以下で暮らすのを目標にしているので、医療費にはあまりお金をかけたくありません。
健康診断の結果によっては、また他に医療費がかかったかもしれない。
その点では良かったと思うけれど、今後も、健康でいなければと思います。

職場の60代同僚たちは、ほとんど病院通いをしています。
血圧が高めの人、腰痛持ちの人などです。
薬を飲みながらも、頑張って働き続けています。

老いていくたびに、さびついていく身体。
いつかは私も病院通いをしなければならない日がくるかもしれない。

ストレスためずに、自分を労わることも大事なのかなと思います。
惣菜買ってゴロゴロできるのが、一人暮らしの良い所です。

タイトルとURLをコピーしました