一人暮らしは絶対嫌だと言っていた息子、今は連絡もよこさなくなった。

スポンサーリンク




別居して母子家庭となった時から書いてきたこのブログですが、時々過去の記事を読み返しています。
私っていじわるな母親だったと思います。

息子を追い詰める言葉が多い。

・高校受験失敗したら就職か定時制になる
・貧乏だから塾へ行く余裕はない
・貧乏だから絶対に浪人はだめだからね。

息子を苦しめた極めつけの言葉は「お父さんにそっくりだね」
お父さんみたいになりたくないが口癖だった息子は、いつも泣きそうな悲しそうな顔をしていました。

そんなこと言っていた情けない母親でした。

ワンルームから2DKのかびだらけのアパートへ、貧困母子家庭の暮らしは、つらいこともたくさんありました。
でも、今思うと、楽しかった。

一人暮らししたくない!一人暮らしはいやだと言っていた息子

絶対に無理と言っていたのに。
お金の問題が一番なんだろうけど。

22歳の夏に突然、一人で暮らしをしたいと言い出した息子。
息子は知らず知らずに、大人になっていたのだと思う。

このまま母親べったりでは、自分はだめになってしまうと思ったようです。
私はそれでも良かったのに?
(いや、よくないか)

バタバタと東京へ引っ越していった息子、最後まで私に大変な思いをさせていったけれど。

現在は、まったく連絡もよこさなくなりました。

ちょっと寂しいけれど、これでいいのだと思う。

今日は、久しぶりに牛肉で作り置きおかずを作りました。
牛肉を食べると、息子の言葉を思い出します。

鶏肉、豚肉ばかりだった母子家庭の食卓。

息子は、たまに「安いのでいいから牛肉が食べたい」と要望してきました。
必ず、安いのでいいからという言葉をつける、本当に貧乏だったな。

今日の牛肉はオーストラリア産だったけれど、柔らかくて美味しかったです。

タイトルとURLをコピーしました