貧乏太りの恐怖とドキドキの健診結果

スポンサーリンク




仕事帰りに、ついコンビニに寄ってスイーツを買うのが日課になっていました。

疲れた身体と、疲れた脳が、甘いものを欲しがっている、今日も頑張ったから、食べてもいいよね?!
と、自分で自分に言いわけをして、つい買っていました。

健康診断の前には、ハッと気が付き、コンビニ通いをやめていました。
今年も同じ。

貧乏太りが糖尿病を招く

私と息子、ずっと貧乏太りでした。
おかず少なめ、主食でお腹いっぱいにするという毎日。

パスタも比較的安価なのに、お腹いっぱいになります。
でもパスタもうどんも、糖質が高め、それだけ食べていてはどんどん太ります。

母子家庭時代に、息子はどんぶり飯を3杯も食べていたことがあり、急激に太りました。
筋肉なしのブヨブヨのデブになって、体調を崩しました。

息子の方が早く気が付いて、糖質過多の食生活をやめました。
今は、スリムというか今度は痩せすぎかも。

私の方は、白いご飯も甘いものも、なかなかやめれずにいました。
本当にこのままでは糖尿病になるかもと怖くなっていたけれど。

結局は、自分に甘いのです。

ドキドキの健康診断の結果がでました。

血糖値、通常でした、良かったー
ヘモグロビン値も通常でした。

要経過観察は、中性脂肪が多いこと。
これは去年と同じです。

今年こそ、治療をすすめると書かれているのだろうと覚悟していましたが、大丈夫でした。
健診の結果を見て、とりあえずホッとしています。

だけど油断は禁物なので、このままスイーツと白いご飯は控えめは、続けていくつもりです。
老後資金がない私は、働き続けなくてはならないので、人一倍健康管理に気をつけなければと思っています。

タイトルとURLをコピーしました